日本語教育
Online ISSN : 2424-2039
Print ISSN : 0389-4037
実践報告
ピア・リスニングの試み
――海外の日本語教育における課題解決の視点から――
横山 紀子福永 由佳森 篤嗣王 瑞ショリナ ダリヤグル
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 141 巻 p. 79-89

詳細
抄録

 海外の日本語教育では,聴解技能が弱点であるばかりでなく,聴解技能開発の必要性やその方法論に対する認識が一般に低いことが指摘される。このような海外の日本語教育における課題を解決に導く事例として,カザフスタンおよび中国で非母語話者日本語教師が実践したピア・リスニングの試みを紹介した。ピア・リスニングとは聴解の過程をピア(学習仲間)で共有し,協力しながら理解を構築していく教室活動である。ピアの話し合いを文字化した資料および学習者からの意見聴取をデータとして,実践の成果を分析した。ピア活動では,言語知識の共有および欠落した理解を補う方策の共有が行われていた。また,ピア学習に合わせ,カザフスタンでは聴解を仮説検証的に進めていくためのタスク中国では学習者のモニターを促進するために「質問」を作るタスクを導入したが,これらのタスクとピア活動が相乗的な効果を上げたことを考察した。

著者関連情報
© 2009 公益社団法人 日本語教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top