日本語教育
Online ISSN : 2424-2039
Print ISSN : 0389-4037
研究論文
中国語話者による「も」構文の習得
――「AもBもP」「AもP,BもP」構文に注目して――
中俣 尚己
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 156 巻 p. 16-30

詳細
抄録

 「も」に関しては従来,意味による分類が行われていたが,この論文では構文のタイプが学習者の母語に存在するかしないかによって習得難易度に差があるのではないかという仮説を立て,JFL環境の中国語話者を対象に,3種の調査によってそれを検証した。理解について調べた文法性判断課題においては構文タイプによる差は見られなかった。しかし,産出について調べた翻訳課題ならびに作文課題においては,通常の「AもP」構文の使用に全く問題ない学習者であっても,「AもBもP」構文や「AもP,BもP」構文の使用は難しいという,母語の干渉の存在を支持する結果が得られた。この結果は,産出のための文法を考える際には,日本語学の視点のみから記述された文法では不十分で,学習者の母語についても考慮する必要があること,またJFL環境における検証調査の重要性を示している。

著者関連情報
© 2013 公益社団法人 日本語教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top