日本語教育
Online ISSN : 2424-2039
Print ISSN : 0389-4037
研究論文
スリランカ人日本語学習者の格助詞の習得
――シンハラ語母語話者の作文に見られる「ガ」を中心に――
永井 絢子
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 161 巻 p. 31-41

詳細
抄録

 本研究は,シンハラ語母語話者日本語学習者の作文に見られる主な助詞の誤用傾向と「ガ」「ヲ」の使用状況を示すとともに,先行研究であまり注目されてこなかった「ガ」に注目して誤用の要因を考察した。作文を小テスト得点から3群に分けて分析した結果最も誤用率が高かったのは中位群の「ガ」であった。「ヲ」の誤用率は3群とも低く,「対象」用法が安定して使用されていたが,「ニ」「デ」の誤用の大半は「ニ」と「デ」の混同であった。「ガ」の誤用のうち「×ガ→○ヲ」(「ガ」が誤り,「ヲ」が正しい)は3群とも約8割を占め,その多くは絶対他動詞を取っていた。その要因として,シンハラ語の格標示の影響で「ガ」と「ヲ」の区別に注意が向きにくいこと,意志性の低い他動詞の目的語に「ガ」を選択している可能性が考えられた。「×ガ→○ヲ」は運用上の大きな問題であり,指導において「ガ」「ヲ」をより重視する必要があることが示唆された。

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 日本語教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top