日本語教育
Online ISSN : 2424-2039
Print ISSN : 0389-4037
研究論文
会話で「単独使用」される「たり」
――なぜ「たり」で「可能性」や「意外性」が表せるのか――
山内 美穂
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 162 巻 p. 82-96

詳細
抄録

 本稿は,一般に並列で用いられる「たり」を,「単独使用」することで生じる新たな用法に着目した研究である。具体的には「結婚しないと言ってた人が,結婚したりする」というような,会話文によく見られ,「可能性」の意味合いなどが生じる「たり」の用法について調査・考察した。調査にあたっては,20代~70代の日本語母語話者による2人1組の自然会話データ100人分を用い,会話で使用される頻度,形式のパタン,会話の流れなどを丹念に観察した。その結果,会話において,「たり」の「単独使用」形式は(a)「~たり」形式,(b)「~たりとか」形式,(c)「~たりして」形式の3つに分類され,「1つだけを例示し,一方でそれ以外のあらゆる事態や側面を暗示する用法」から「可能性」の意味合いなどが生じたり,話者の「意外」な気持ちが表せることなどを,実際の会話データを示しながら明らかにした。

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 日本語教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top