日本語の研究
Online ISSN : 2189-5732
Print ISSN : 1349-5119
漢字[便]における字音と意味の関係の形成
李 芝賢
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 6 巻 4 号 p. 32-46

詳細
抄録

[便]を対象に個別語の使用増加が複数の字音を持つ漢字の字音と意味の関係に与える影響について考察する。現代日本語における[便]はビンが<通信手段>に,ベンが<都合>に集中した用例を持つ。<都合>はビン/ベンに共通するが,ベンに傾いている。このような使用様相は明治期における「郵便」「便利」などの個別語の使用拡大により形成されたと思われる。<たより>に連なる<通信手段>は「郵便」のような「-ビン」構造の語が通信・運輸において使用されたことにより定着する。<都合>は「便利」「不便」「便」のような<都合>に近い語義を持つベンの例の使用拡大によりベンに傾く。

著者関連情報
© 2010 Author
前の記事 次の記事
feedback
Top