日本観光学会誌
Online ISSN : 2436-7133
Print ISSN : 1341-8270
ご当地グルメを用いた観光経済の実態測定について ─能登丼によるCOVID-19後の能登観光を対象に─
倉本 啓之井出 明
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2021 年 62 巻 p. 34-41

詳細
抄録

本研究では、COVID-19が地域の観光経済にどのような影響を及ぼしているのかという点について考察した。具 体的には、観光客向けに地域の食材等を元に複数店舗が共同開発したご当地グルメである「能登丼」の販売数を 軸として、新型コロナウイルス流行後における能登地方の観光動態について分析を行った。能登丼の売上、交通 統計および観光入込客数などを統合的に分析することで、近県や同一県内を主たる客層とする旅行形態の成功が 浮かび上がるとともに、食に関する統計が経済指標として有用であることを示した。

著者関連情報
© 2021 日本観光学会
前の記事 次の記事
feedback
Top