J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

工業化学雑誌
Vol. 74 (1971) No. 3 P 355-358

記事言語:

http://doi.org/10.1246/nikkashi1898.74.3_355


著者らは Tio2単結晶電極において“光増感電解酸化”がおこることを前報で報告した。本報はこの現象を電気量と電解液の pH 変化の関係からさらに確実に証明するためにおこなったものである。その結果, 0.0Vに定電位設定した Tio2 電極において照射下で実際におこっている電極反応は, 水からの酸素発生反応であることを明らかにし, またヨウ素イオンが存在する電解液をも, 光いるときには水からの酸素発生反応とヨウ素イオンの酸化反応とが競争的におこり, その競争反応の割合はヨウ素イオン濃用度に依存することを確めた。

Copyright © 社団法人 日本化学会

記事ツール

この記事を共有