日本化學會誌
Online ISSN : 2185-0909
Print ISSN : 0369-4208
ペリラケトン(β-フリル-イソアミル-ケトン)に關する知見補遺
瀬邊 惠鎧
著者情報
ジャーナル フリー

1943 年 64 巻 8 号 p. 1130-1136

詳細
抄録

(1)臺灣に野生せる蛙絲草の精油の主成分は一種のケトンにしてペリラケトンと命名せるが,β-フリル-イソアミル-ケトンなるを見たり.
(2)ペリラケトンとα-フリル-イソアミル-ケトンとの對應する結晶性誘導體は混融して融點變化顯著ならざる事少からず.
(3)ペリラケトンに亞硝酸エステル及ナトリウムを反應せしめフラン-β-カルボン酸を生ずるが,中間體と考へらるイソニトロソ化合物をも分離し得たり.
(4)ペリラケトンはフランのβ-置換體研究の好材料と信ず.

著者関連情報

この記事は最新の被引用情報を取得できません。

© The Chemical Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top