日本化學雜誌
Online ISSN : 2185-0917
Print ISSN : 0369-5387
フグ毒テトロドトキシンの抽出と精製
後藤 俊夫高橋 敞岸 義人平田 義正
著者情報
ジャーナル フリー

1964 年 85 巻 8 号 p. 508-511,A40

詳細
抄録

フグ卵巣の水抽出液を加熱除タンパク後,イオン交換樹脂に吸着させることを骨子としたテトロドトキシンの新抽出法を考案した。この方法によれば少なくとも全一量の50%以上の毒を結晶状に得ることができる。また通常の再沈殿法で精製したテトロドトキシンにはアンヒドロエピテトロドトキシンが混在し,それを除去するにはピクラートを経て精製する必要がある。この精製テトロドトキシンを用いれば,臭化水素酸塩を結晶として得ることができる。

著者関連情報

この記事は最新の被引用情報を取得できません。

© The Chemical Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top