日本化学会誌(化学と工業化学)
Online ISSN : 2185-0925
Print ISSN : 0369-4577
水中トリハロメタンの光分解反応過酸化水素添加効果およびヒドロキシルラジカルの反応特性
荻田 堯八田 博司西本 清一鍵谷 勤
著者情報
ジャーナル フリー

1985 年 1985 巻 5 号 p. 970-975

詳細
抄録

空気存在下,室温でクロロホルム水溶液にバイコールフィルターを装着した低圧水銀灯の紫外線を照射してもクロロホルムは分解しなかった。この系にH2O2を添加すると,H2O2の光分解によって生成する。OHと反応してクロロホルムは分解し,CO2とHCIを生じた。アルゴン雰囲気においてH2O2水溶液にパイコール透過光を照射すると,H2O2の分解によって生成した,OHからO2を生成した。この系にクロロホルムを添加すると,クロロホルムの添加量とともにO2生成反応の量子収量は減少し,クロロホルム分解反応の量子収量が増大した。また,両反応量子収量の和が一定であったことから,クロロホルム一分子の分解には二分子の・OHが消費されていることが示唆された。プロモジクロロメタン水溶液にH2O2を添加してバイコール透過光を照射すると,H2O2無添加系にくらべて,CO生成量が減少してCO2生成量が増大した。各種トリハロメタン水溶液にH2O2を添加した場合のCOの生成量とCO,生成量の比はトリハロメタンとH2O2に吸収される254nmの光量比に比例した。このことから,・OHとの反応が起こる場合には,トリクロロメタンの塩素を臭素で置換したものもCO2に分解することがわかった。これに関連して,γ 線照射やFenton試薬を用いて含臭素トリハロメタンの反応を調べたところ,COはほとんど生成せず,おもにCO2が生成した。

著者関連情報

この記事は最新の被引用情報を取得できません。

© The Chemical Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top