健康医学
Online ISSN : 2186-5019
Print ISSN : 0914-0328
超音波検査による甲状腺癌検診の成績について
那須 繁山崎 昌典宗 栄治船越 健彦岩谷 良一井手 一馬水田 由紀井上 幹夫
著者情報
ジャーナル フリー

1997 年 12 巻 1 号 p. 61-64

詳細
抄録

人間ドックにおいて超音波を用いた甲状腺癌検診で,実受診者13.009名(のべ23,366名)中,38例の甲状腺癌が発見された。癌発見率は実受診者に対して0.29%(男性0.26%,女性0。33%)で,男性においても多数発見された。但し,甲状腺癌は頻度が高い劇に予後は良好であり,検診の目的や精検基準などを充分考慮して実施すべきと考えられる。

著者関連情報
© 公益社団法人 日本人間ドック学会
前の記事 次の記事
feedback
Top