健康医学
Online ISSN : 2186-5019
Print ISSN : 0914-0328
大豆イソフラボンアグリコンの更年期障害に対する効果について
久保田 芳郎三上 繁和泉 亨小幡 明雄斉藤 實戸辺 光一朗菊地 護
著者情報
ジャーナル フリー

17 巻 (2002-2003) 2 号 p. 172-177

詳細
PDFをダウンロード (3792K) 発行機関連絡先
抄録

大豆イソフラボンアグリコン(IFA)はエストロゲン様作用を示すことが知られている。そこでIFAを摂取した際の更年期障害の症状に及ぼす影響について検討した。閉経後女性14名にIFA錠剤(40mg/日)を3ヶ月間毎日摂取してもらい,更年期障害スコア,血中IFA濃度,各種血中生化学マーカーを測定した。その結果,IFA濃度が上昇するとともに更年期障害スコアが有意に減少し,IFAは更年期障害緩和効果を有することが明らかになった。

著者関連情報
© 公益社団法人 日本人間ドック学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top