西日本皮膚科
Online ISSN : 1880-4047
Print ISSN : 0386-9784
ISSN-L : 0386-9784
統計
広島市西部, 己斐周辺における最近5年間の伝染性膿痂疹の統計
平田 邦彦
著者情報
ジャーナル 認証あり

1981 年 43 巻 4 号 p. 625-631

詳細
抄録

住宅地開業医として最近5年間に観察した伝染性膿痂疹について統計的考察を行なつた。5年間の患者総数は28,123名で,膿痂疹患者は1,877名,その割合は6.7%であつた。これは従来の報告よりも高率であるが,市中央部病院との患者年代層の違いによるものと思われた。また,3才以上6才未満に最も多く,12才未満が97.1%を示した。7,8,9の3ヵ月で75%を占めたが冬期もみられ,部位では露出部が圧倒的に多かつた。今日の車社会による疾患の流動性を持つた変化もうかがえた。

著者関連情報
© 1981 日本皮膚科学会西部支部
前の記事 次の記事
feedback
Top