西日本皮膚科
Online ISSN : 1880-4047
Print ISSN : 0386-9784
ISSN-L : 0386-9784
症例
汎発型環状肉芽腫
和田 民子籏持 淳植木 宏明門田 尚
著者情報
ジャーナル 認証あり

1985 年 47 巻 2 号 p. 242-247

詳細
抄録

69才女子の汎発型環状肉芽腫の1例を報告した。抗核抗体が陽性で, 末梢血リンパ球でT細胞とB細胞の比率の逆転およびOKT3, OKT8の減少とOKT4, OKIa 1の増加が認められ, ツ反が陰性, DNCBテストは感作不成立などの免疫学的異常を示した。糖尿病の合併はなかつた。皮疹が自然消退した後, 末梢血リンパ球のT細胞とB細胞の比率とsubpopulationは正常化する傾向を示した。

著者関連情報
© 1985 日本皮膚科学会西部支部
前の記事 次の記事
feedback
Top