西日本皮膚科
Online ISSN : 1880-4047
Print ISSN : 0386-9784
ISSN-L : 0386-9784
症例
Amcinonideによる接触皮膚炎
久保 容二郎
著者情報
ジャーナル 認証あり

1986 年 48 巻 6 号 p. 1075-1078

詳細
抄録

12才男児。口囲の湿疹様皮膚炎にビスダーム軟膏配合剤を約1ヵ月間塗布し, そう痒感を伴う丘疹の多発と浮腫性紅斑が出現した。貼付試験の結果, ビスダーム軟膏に陽性, その構成成分では主剤のamcinonideに陽性を認めた。同時に他の25種類のステロイド剤による貼付試験を施行したがすべて陰性で, amcinonideと類似構造をもつステロイド剤との交差反応は認められなかつた。

著者関連情報
© 1986 日本皮膚科学会西部支部
前の記事 次の記事
feedback
Top