西日本皮膚科
Online ISSN : 1880-4047
Print ISSN : 0386-9784
ISSN-L : 0386-9784
研究
乾癬表皮細胞に対する活性型ビタミンDのDNA合成抑制効果
近藤 靖児佐藤 吉昭山口 潤阿部 純子黒木 登志夫
著者情報
ジャーナル 認証あり

1988 年 50 巻 4 号 p. 675-679

詳細
抄録

尋常乾癬患者5例の皮疹部, 無疹部および対照健常人由来の各培養表皮細胞における, 活性型ビタミンDのDNA合成抑制効果を検討した。乾癬皮疹部からの表皮細胞の培養にはfeeder layerを必要としたが, 乾癬無疹部および正常皮膚ではそれを必要としなかつた。正常表皮細胞では, そのDNA合成が活性型ビタミンDの1 nM添加で抑制されたのに対して, 乾癬表皮細胞では皮疹部, 無疹部ともに活性型ビタミンDに抵抗性を示し, そのDNA合成は100 nMの添加ではじめて抑制された。活性型ビタミンDは表皮細胞の分化を促進し, 尋常乾癬の治療に有効のことがすでに知られている。本研究の結果は, 尋常乾癬の病態に活性型ビタミンDが何らかの形で関与していることを示唆している。

著者関連情報
© 1988 日本皮膚科学会西部支部
前の記事 次の記事
feedback
Top