西日本皮膚科
Online ISSN : 1880-4047
Print ISSN : 0386-9784
ISSN-L : 0386-9784
治療
MJD-1741の単純疱疹に対する臨床的検討
安藤 正明国分 純佐藤 英嗣清水 忠道村松 隆一山中 清光大河原 章
著者情報
ジャーナル 認証あり

1990 年 52 巻 2 号 p. 365-370

詳細
抄録

ビダラビン3%軟膏(MJD-1741)の単純疱疹に対する有効性および安全性を検討した。総症例数は38例, その内訳は, 口唇ヘルペス31例, カポジー水痘様発疹症2例, 陰部疱疹1例, 顔面に発症した単純疱疹2例, 臀部, 手·口唇部に発症した単純疱疹各1例であつた。有効率は, 「有効」以上が50.0%, 「やや有効」以上が81.6%であつた。なお, 単純疱疹の既往歴を有する患者に対して, MJD-1741使用による今回の病相における経過の印象を調査した結果, 過去の病相に比較し「短かつた」または「よかつた」と答えた患者は, 25例中16例(64.0%)であり, 「長かつた」または「悪かつた」が2例(8.0%)とMJD-1741の印象は良い結果であつた。また, 副作用は認められず, 高い安全性が示唆された。有用率は, 「有用」以上が55.3%, 「やや有用」以上が81.6%で単純疱疹に対して有用性が高く, 安全性の面でも優れた薬剤であることが示唆された。

著者関連情報
© 1990 日本皮膚科学会西部支部
前の記事 次の記事
feedback
Top