西日本皮膚科
Online ISSN : 1880-4047
Print ISSN : 0386-9784
ISSN-L : 0386-9784
症例
タカルシトール含有軟膏(ボンアルファ®軟膏)によって誘発された環状紅斑
福田 英三今山 修平
著者情報
ジャーナル 認証あり

1995 年 57 巻 3 号 p. 444-448

詳細
抄録

タカルシトール含有軟膏(ボンアルファ®軟膏)により発症したと思われる環状紅斑の2例を報告した。症例1は本軟膏の貼布試験が陽性であったことから, 本軟膏による遅延型アレルギー反応が最も疑われた。さらに原因物質としては軟膏基剤の貼布試験がすべて陰性であり主成分のタカルシトールが疑われた。症例2は臨床経過から本軟膏の関与が示唆されたが, 貼布試験に再現性がみられず確診には至らなかった。

著者関連情報
© 1995 日本皮膚科学会西部支部
前の記事 次の記事
feedback
Top