西日本皮膚科
Online ISSN : 1880-4047
Print ISSN : 0386-9784
ISSN-L : 0386-9784
治療
円形脱毛症に対する抗アレルギー剤(アゼラスチン)の影響
小川 秀興植木 理恵西山 茂夫伊藤 雅章西岡 清
著者情報
ジャーナル 認証あり

1995 年 57 巻 6 号 p. 1206-1211

詳細
抄録

円形脱毛症に対する抗アレルギー剤(アゼラスチン:アゼプチン®)の臨床症状におよぼす影響と有用性について広く円形脱毛症の治療薬として用いられているセファランチンと比較検討した。総症例数は53例であった。円形脱毛症患者のアトピー素因の有無に関係なくアゼラスチン投与群ではセファランチン投与群に比較し脱毛巣およびその周辺の病的毛や抜け毛の程度は速やかに改善された。再生毛の推移は両試験群とも同様の改善経過であった。抗アレルギー作用を有するアゼラスチンが円形脱毛症の臨床像改善に効果をおよぼしたことは円形脱毛症の治療上にも, その病態形成を考える上でも興味深い知見であると考えられた。

著者関連情報
© 1995 日本皮膚科学会西部支部
前の記事 次の記事
feedback
Top