西日本皮膚科
Online ISSN : 1880-4047
Print ISSN : 0386-9784
ISSN-L : 0386-9784
症例
タクロリムス外用が著効した口唇・口腔粘膜扁平苔癬の3例
坂元 亮子具志 亮金蔵 拓郎神崎 保
著者情報
ジャーナル 認証あり

2004 年 66 巻 5 号 p. 454-457

詳細
抄録

難治性の粘膜扁平苔癬の3例を経験した。症例1は78歳の女性。下口唇, 口腔内にびらんを認めた。症例2は64歳の女性。口腔内に粘膜疹が出現し, エトレチナート内服が無効であった。症例3は72歳の女性。下口唇, 口腔内にびらんを認めたが, エトレチナートの内服で著変がなかった。全例にタクロリムスを外用したところ, 1~3週間で病変の著明な改善を認めた。治療抵抗性の口腔扁平苔癬に対し, タクロリムスの外用は有用な治療と思われた。

著者関連情報
© 2004 日本皮膚科学会西部支部
前の記事 次の記事
feedback
Top