西日本皮膚科
Online ISSN : 1880-4047
Print ISSN : 0386-9784
ISSN-L : 0386-9784
症例
1%酢酸液による足浴が治療と再発予防に有用であった緑膿菌による趾間感染症の2例
林 宏明稲沖 真藤本 亘
著者情報
ジャーナル 認証あり

2006 年 68 巻 5 号 p. 515-518

詳細
抄録

緑膿菌による趾間感染症(Pseudomonas toe web infection)の2例を経験した。治療は“hyperkeratoticrim”と表面滲出物のdebridementおよび1%酢酸液による足浴が有効であった。緑膿菌はウッド灯を用いると緑色の蛍光を発するため趾間感染症の早期診断に有用で治療効果判定にも使用できた。趾間感染症は宿主側の感受性および環境要因により再発を繰り返しやすい。今回の症例では1%酢酸液足浴による局所管理が再発予防にも有用であった。

著者関連情報
© 2006 日本皮膚科学会西部支部
前の記事 次の記事
feedback
Top