西日本皮膚科
Online ISSN : 1880-4047
Print ISSN : 0386-9784
ISSN-L : 0386-9784
症例
一期的に尿膜管摘除, 臍形成術を行った尿膜管膿瘍の1例
指宿 敦子東 裕子松下 茂人金蔵 拓郎井手迫 俊彦川越 真理
著者情報
ジャーナル 認証あり

2009 年 71 巻 6 号 p. 589-591

詳細
抄録

32歳, 男性。排膿を伴う臍部の紅色結節を主訴に来院した。初診の約3週間前に下腹部痛と発熱があり, 2日後に臍から排膿がみられた。排膿後, 症状は軽減したが, 排膿は持続していた。臍部に径1cmの紅色結節と瘻孔を認めた。腹部造影CTでは臍部から腹直筋下を膀胱に接するように連続する索状構造を認め, 尿膜管膿瘍と診断した。下腹部に横切開を加え膀胱前腔へ到達し, 尿膜管を一塊にして切除するとともに臍欠損部に対して三角皮弁を用いる簡便な手法で一期的に, 臍形成術を施行した。

著者関連情報
© 2009 日本皮膚科学会西部支部
前の記事 次の記事
feedback
Top