西日本皮膚科
Online ISSN : 1880-4047
Print ISSN : 0386-9784
ISSN-L : 0386-9784
症例
Methotrexate 服用中の慢性関節リウマチ患者に発生した Methotrexate-related Lymphoproliferative Disorder の 2 例
溝手 政博内 博史北 和代日高 らん中原 真希子中原 剛士師井 洋一古江 増隆
著者情報
ジャーナル 認証あり

2015 年 77 巻 1 号 p. 33-36

詳細
抄録

Methotrexate(MTX) は関節リウマチ(RA) の治療薬として有用であり,近年一般的となってきている。 一方で,関節リウマチ患者の MTX 使用中に発生した悪性リンパ腫も報告されている。今回,我々は MTX 投与中の RA 患者に発症した MTX 関連リンパ増殖性疾患(methotrexate-related lymphoproliferative disorder, MTX-LPD)の 2 例を経験した。MTX-LPD の発生機序はいまだ不明であるが,自己免疫疾患による免疫異常や MTX によって生じた免疫抑制状態では,EB ウイルスにより誘発された B 細胞のクローナルな増殖や,リンパ球のポリクローナルな増殖を抑制することができないことが原因と考えられる。RA 患者の治療中,MTX を使用する際には,悪性リンパ腫発症の可能性も念頭に置いて治療を行わなければならない。

著者関連情報
© 2015 日本皮膚科学会西部支部
前の記事 次の記事
feedback
Top