佐々木 誉詩子内 博史古江 増隆, 腹部脂肪吸引術後に脂肪塞栓症候群を発症した 1 例, 西日本皮膚科, 2017, 79 巻, 5 号, p. 459-462, 公開日 2017/11/10, Online ISSN 1880-4047, Print ISSN 0386-9784, https://doi.org/10.2336/nishinihonhifu.79.459, https://www.jstage.jst.go.jp/article/nishinihonhifu/79/5/79_459/_article/-char/ja, 抄録:

29 歳,女性。初診 13 日前に両側腹部脂肪吸引術を受けた。初診 4 日前に発熱,両側腹部の発赤で蜂窩織炎と診断された。初診 3 日前に同部位に水疱が出現し急激に拡大した。初診前日,咳嗽が出現し,当日,呼吸困難感を訴え,肺塞栓症疑いで当院に救急搬送となった。初診時,バイタルサインの異常と両側腹部に手拳大の壊死組織を認めた。血液検査では白血球・CRP 上昇,Hb 低下,凝固異常などがみられた。心エコーで肺動脈が拡張していたが CT で明らかな血栓はなく,経過からは脂肪塞栓による肺塞栓症と考えた。敗血症性ショックを疑い腹部の緊急デブリードマンを行ったが,塗抹・培養とも菌は検出されなかった。肺高血圧は軽減し経過観察していたが,その後急性呼吸窮迫症候群 (ARDS) を発症し,凝固障害とともに治療し軽快した。脂肪塞栓症候群は脂肪吸引術後にもまれに起こる重大な合併症であり,処置後の患者は注意深く観察し,発症の際は速やかな診断・治療が必要となる。