整形外科と災害外科
Online ISSN : 1349-4333
Print ISSN : 0037-1033
大学女性スポーツ選手における種目別の身体組成と骨密度に関する研究
赤嶺 卓哉吉田 剛一郎高田 大小山田 和行坂中 美郷濱田 幸二長島 未央子田口 信教
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 62 巻 4 号 p. 694-696

詳細
抄録

一般女子大学生6名(対照群;平均年齢19.3±0.5歳,平均体重54.9±5.8kg)と女性大学スポーツ選手18名(柔道6名,バレーボール6名,水泳6名;平均年齢19.7±0.9歳,平均体重57.3±6.2kg)の計24名に対し,DXA法による骨塩量・骨密度測定を施行した.なお,対照群と各種目群間の年齢,体重に統計学的な有意差はない.各群を比較して以下の知見を得た.(1)柔道選手群では他群と比較して,特に腰椎・前腕骨・肋骨の骨密度(BMD)が高い傾向が統計学的に有意に認められた(以下p<0.05).(2)バレーボール選手群では他群に比し,大腿骨頸部・下肢のBMDが高い傾向が有意に観察された.(3)水泳選手群では一般女性群と比べ,有意に体脂肪率は低く筋肉量は高いが,他群に比しBMDは多数の部位で有意な低値を示した.

著者関連情報
© 2013 西日本整形・災害外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top