整形外科と災害外科
Online ISSN : 1349-4333
Print ISSN : 0037-1033
ISSN-L : 0037-1033
大腿骨コンポーネント回旋設置角が屈曲位軟部組織バランスに及ぼす影響;後十字靭帯温存型人工膝関節全置換術における検討
屋良 卓郎濵井 敏岡崎 賢水内 秀城田代 泰隆中原 寛之岩本 幸英
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 63 巻 3 号 p. 450-454

詳細
抄録

【目的】CR型TKAにおいて,大腿骨コンポーネントの回旋設置角と屈曲位軟部組織バランスの関連について検討すること.【対象と方法】内反型変形性膝関節症に対してmeasured resection法を用いてCR型TKAを施行した17例20膝.大腿骨上顆軸撮影法を用いて大腿骨コンポーネントの回旋設置角,Telosを用いて伸展/屈曲位の内外反ストレスX線撮影を行い関節面間の開き角,全下肢X線像から脛骨コンポーネントの冠状面設置角を測定した.【結果】内反/外反開き角は伸展位で平均6.8/6.5度,屈曲位で平均8.9/4.7度.大腿骨コンポーネントはCEAに対して平均0.5度内旋,脛骨コンポーネントの冠状面設置角は平均90.8度.屈曲位での内外反開き角の差と「大腿骨コンポーネント回旋設置角+脛骨コンポーネント冠状面設置角」に相関を認めた(R2=0.30,p=0.009).【考察】CR型TKAにおいて,均等な屈曲バランスを目指して骨切りする場合は,大腿骨コンポーネントが過外旋設置となる場合があり注意を要する.

著者関連情報
© 2014 西日本整形・災害外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top