整形外科と災害外科
Online ISSN : 1349-4333
Print ISSN : 0037-1033
ISSN-L : 0037-1033
当院におけるMetal-on-Metal THAの治療成績特にARMDについて
田村 諭史渡邉 弘之相良 孝昭瀬形 建喜畠 邦晃棚平 健清家 一郎赤崎 幸二
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 64 巻 4 号 p. 715-717

詳細
抄録

【はじめに】当院では2007年より2011年まで比較的若年の症例を中心にBIOMET社のMetal-on-Metal THA(以下MOM-THA)を使用しており,施行したMOM-THA全例の臨床成績を調査したので報告する.【対象と方法】対象はMOM-THAを用いて施行した134例,151関節.男性29例,女性105例.平均年齢は59.2歳.平均観察期間は37ヵ月であった.X線評価として外方開角,Engh's fixation classification,Radiolucent line,Osteolysis.臨床的評価として術前,最終調査時のJOA Score,合併症および再置換の有無を評価した.【結果】151関節中148関節は固定性良好で,JOA scoreも十分に改善し,成績は良好であった.3関節に進行性のルーズニングを認め,そのうちARMDが原因と考えられる再置換例を2関節認めた.

著者関連情報
© 2015 西日本整形・災害外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top