整形外科と災害外科
Online ISSN : 1349-4333
Print ISSN : 0037-1033
ISSN-L : 0037-1033
大腿骨近位部骨折地域連携パス―北九州標準モデル―
原口 和史佐伯 覚加藤 徳明村上 武史野口 雅夫林 秀俊蜂須賀 研二糸満 盛憲
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 65 巻 1 号 p. 99-100

詳細
抄録

北九州リハ医会が運営母体となり,2011年8月より運用してきた北九州大腿骨近位部骨折地域連携パス―北九州標準モデル―の現況と問題点について報告した.パスの様式は連携に必要な患者情報に特化し,詳細な内容や期間等は含めていない.ホームページからダウンロードでき,電子入力も可能であるが,パスデータの送付は紙ベース.連絡協議会は北九州脳卒中パスと同時開催である.2015.4.15現在,参加施設は急性期病院15,回復期リハ病棟など34,維持期5,計54施設で,北九州市,遠賀中間地区の主要医療機関が参加.総パス利用件数は2225件である.参加しやすさを優先したため,診療計画や達成目標を明確でない,二次骨折の予防の視点に欠けるなどの問題点があり,パスの改訂作業を予定している.

著者関連情報
© 2016 西日本整形・災害外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top