整形外科と災害外科
Online ISSN : 1349-4333
Print ISSN : 0037-1033
ISSN-L : 0037-1033
嚥下困難を主訴とした頸椎前縦靭帯骨化症の一症例
大井 知泉酒匂 崇米 和徳福山 勝朗
著者情報
ジャーナル フリー

1998 年 47 巻 3 号 p. 924-926

詳細
抄録

Patients with ossification of the anterior longitudinal ligament of the cervical spine rarely show clinical symptoms. The patient in this study with this disease complained of dysphagia and underwent surgical treatment. After the removal of the OALL at the C6, C7, and T1 regions. disphagia improved.

著者関連情報
© 西日本整形・災害外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top