日本消化器病学会雑誌
Online ISSN : 1349-7693
Print ISSN : 0446-6586
症例報告
ERCP後3D-CTにて詳細を把握し得た特異な副膵管癒合を成す膵・胆管合流異常の1例
大野 和也伊藤 真吾山本 均新井 尚子永田 健日比 知志寺崎 正起北山 康彦
著者情報
ジャーナル フリー

2004 年 101 巻 7 号 p. 788-792

詳細
抄録

副膵管が二股に分岐し, 一方が総胆管起始部に, もう一方が主膵管に交通した総胆管嚢腫をともなう膵・胆管合流異常の1例を経験した. 一般に膵・胆管合流異常は腹側膵と背側膵の癒合以前に生じる腹側膵と胆道系の形成不全であり, 背側膵原基由来の副膵管と胆道系は交通しないとされる. この説に従い, 明瞭に描出し得たERCP直後の3D-CTを検討し, 発生学的考察を行った.

著者関連情報
© 2004 (一財) 日本消化器病学会
前の記事
feedback
Top