日本消化器病学会雑誌
Online ISSN : 1349-7693
Print ISSN : 0446-6586
症例報告
保存的治療で軽快した食道胃蜂窩織炎の1例
今井 昭人小山田 裕一和田 誠内藤 裕二吉田 憲正吉川 敏一
著者情報
ジャーナル フリー

2005 年 102 巻 12 号 p. 1534-1540

詳細
抄録

症例は73歳,女性.発熱,頸部痛,咽頭痛を主訴に入院.炎症反応の高値,胸部CTで頸部食道から胃にかけての壁肥厚を認めた.上部消化管内視鏡では,食道全域に潰瘍と粘膜橋を形成し,胃体部では粘膜の発赤,浮腫,潰瘍により内腔は狭小化していた.びらん面から生検した組織の細菌培養で連鎖球菌が検出され,食道胃蜂窩織炎と診断した.食道胃蜂窩織炎は極めてまれな疾患で重症化することが多く,早期診断には侵襲の少ないCT検査が有用であった.

著者関連情報
© 2005 (一財) 日本消化器病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top