日本消化器病学会雑誌
Online ISSN : 1349-7693
Print ISSN : 0446-6586
症例報告
アネトールトリチオン投与中シェーグレン症候群患者に認められた腸管気腫性嚢胞症の1例
加藤 秀章西 祐二大山 展遠山 卓中村 誠
著者情報
ジャーナル フリー

2005 年 102 巻 7 号 p. 900-904

詳細
抄録

症例は,78歳のシェーグレン症候群の女性で,口腔内乾燥症に対してアネトールトリチオンの投与を受けていた.下腹部痛が出現し次第に増強するため消化管の精査を施行した.注腸および大腸内視鏡検査にてS状結腸および上行結腸に半球状の多発性の大小不同の粘膜下腫瘍様の隆起性病変を認め,腸管気腫性嚢胞症と診断した.入院後,アネトールトリチオンを中止し,高濃度酸素療法施行したところ自覚症状は消失し,大腸内視鏡検査においても腸管嚢腫の消失を認めた.シェーグレン症候群に合併した腸管気腫性嚢胞症はまれであり文献的考察を加えて報告する.

著者関連情報
© 2005 (一財) 日本消化器病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top