日本消化器病学会雑誌
Online ISSN : 1349-7693
Print ISSN : 0446-6586
症例報告
クローン病に合併した大腸癌の3例
水島 恒和根津 理一郎伊藤 壽記打越 史洋甲斐 康之玉川 浩司松田 宙山上 裕子井上 善文松田 暉
著者情報
ジャーナル フリー

2005 年 102 巻 7 号 p. 912-917

詳細
抄録

2004年8月現在,当科および関連施設で治療,経過観察中のクローン病患者223例中3例(1.3%)の大腸癌合併例を経験した.2例はいわゆる慢性腸炎に関連したcolitic cancerであり,1例は痔瘻癌と考えられた.いずれも病悩期間10年以上の長期経過例であり,全例術後1年以内に原病死した.今後クローン病患者においても消化管悪性腫瘍に対するサーベイランス法の確立が重要であると考えられた.

著者関連情報
© 2005 (一財) 日本消化器病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top