日本消化器病学会雑誌
Online ISSN : 1349-7693
Print ISSN : 0446-6586
今月のテーマ:膵癌に対する術前術後補助療法
膵癌に対する術前化学療法
元井 冬彦力山 敏樹片寄 友江川 新一海野 倫明
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 108 巻 10 号 p. 1654-1660

詳細
抄録

切除可能膵癌に対する標準治療は,切除+術後補助化学療法であるが,その成績は十分とはいえない.術前治療は,全身状態の良い術前に行われることで,根治切除率を高め,また治療反応性を確認できる利点がある.食道癌や乳癌では既に標準治療として行われているが,膵癌では少数例での検討のみであり,さらなる検討が必要である.治療の有効性指標として,R0切除率などとともに,血清腫瘍マーカーの推移(治療前後・切除後)は重要である.これまでの検討では,全身化学療法による術前治療は,安全に施行可能で,切除機会の喪失もほとんどなく,今後他施設で前向きに症例を集積していくべきである.

著者関連情報
© 2011 (一財) 日本消化器病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top