日本消化器病学会雑誌
Online ISSN : 1349-7693
Print ISSN : 0446-6586
症例報告
低用量ネダプラチン・5FU併用放射線治療が著効した,重度肝障害をともない全身状態不良の肝転移を有する食道癌の1例
福井 忠久伊藤 由理子吉岡 孝志武田 弘明河田 純男
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 108 巻 5 号 p. 813-818

詳細
抄録

重度肝障害をともない全身状態不良の肝転移を有する食道癌に対して,緩和的放射線療法に低用量ネダプラチンと5FUによる化学療法を併用し著効を示した症例を経験したので報告する.治療開始後,肝転移巣は著明に縮小し肝機能も軽快した.外来での化学療法に移行可能となり,その後も2次,3次治療を行い,結果として600日以上の延命効果を得ることができた.

著者関連情報
© 2011 (一財) 日本消化器病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top