日本消化器病学会雑誌
Online ISSN : 1349-7693
Print ISSN : 0446-6586
症例報告
遡及的検討が可能であった食道腺様嚢胞癌の1例
宮田 亮新原 亨島岡 俊治仁王 辰幸松田 彰郎田代 光太郎鳥丸 博光政 幸一郎西俣 伸亮川畑 拓也今村 誠子永田 優子堀 雅英西俣 嘉人田中 貞夫西俣 寛人
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 109 巻 2 号 p. 211-216

詳細
抄録

症例は64歳男性.食道の粘膜下腫瘍様の隆起性病変で,2007年9月より経過観察されていた.2010年1月より嚥下困難が出現し,内視鏡検査で同病変の0-I型への形態変化を認めた.生検で腺様嚢胞癌と診断され,食道亜全摘術が施行された.切除標本では,嚢胞様構造を認め,内腔にAlcian blue陽性の粘液様物質を認めた.免疫染色ではαSMA陽性,S-100蛋白陰性であった.以上から腺様嚢胞癌と診断した.

著者関連情報
© 2012 (一財) 日本消化器病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top