日本消化器病学会雑誌
Online ISSN : 1349-7693
Print ISSN : 0446-6586
症例報告
チオプリン製剤投与により急性膵炎を発症した炎症性腸疾患の2例
西川 潤工藤 俊彦宮嵜 孝子三原 弘植田 亮安藤 孝将梶浦 新也藤浪 斗小川 浩平細川 歩杉山 敏郎
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 109 巻 2 号 p. 224-230

詳細
抄録

チオプリン製剤投与により急性膵炎を発症した炎症性腸疾患2例を経験した.症例1は25歳のクローン病患者で,azathioprineによる膵炎が意図せぬ再投与により確認された.症例2は13歳の潰瘍性大腸炎患者でazathioprineにより膵炎をきたし,6-mercaptopurineで膵炎の再発を認めた.2例ともチオプリン開始後3~4週で膵炎を発症し,投与中止により速やかに改善した.

著者関連情報
© 2012 (一財) 日本消化器病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top