J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本消化器病学会雑誌
Vol. 110 (2013) No. 5 p. 833-838

記事言語:

http://doi.org/10.11405/nisshoshi.110.833

症例報告

症例は72歳女性.多発肝転移,リンパ節転移,腹膜播種をともなった進行回腸癌で血清AFP値の上昇を認めた.病理組織で腫瘍の一部に胎児消化管上皮に類似した構造を認め,同部位で免疫染色にてAFPが陽性であった.胎児消化管上皮類似癌と考えられたAFP産生回腸癌の報告は過去になく,大変貴重な症例であり,若干の文献的考察を含めて報告する.

Copyright © 2013 (一財) 日本消化器病学会

記事ツール

この記事を共有