日本消化器病学会雑誌
Online ISSN : 1349-7693
Print ISSN : 0446-6586
症例報告
抗TNF-α製剤投与によりIgA血管炎を発症したクローン病の1例
西川 潤細川 歩明石 桃子三原 弘南條 宗八吉田 啓紀安藤 孝将梶浦 新也藤浪 斗杉山 敏郎
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 112 巻 10 号 p. 1852-1857

詳細
抄録

抗TNF-α製剤投与によりIgA血管炎を発症したクローン病の1例を経験した.Infliximab投与開始19カ月後に紫斑が出現し,皮膚生検で白血球破砕性血管炎を認めIgA血管炎と診断した.Adalimumabへの変更当初は紫斑消失を認めていたが,Adalimumabに変更した21カ月後に紫斑の再発を認めた.

著者関連情報
© 2015 (一財) 日本消化器病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top