日本消化器病学会雑誌
Online ISSN : 1349-7693
Print ISSN : 0446-6586
症例報告
Cyst in cyst様構造を呈し,膵粘液性嚢胞腫瘍(mucinous cystic neoplasm;MCN)との鑑別が困難であった膵内副脾に発生したepidermoid cystの1例
平田 祐一有坂 好史久津見 弘酒井 新竹中 完塩見 英之東 健松本 逸平原 重雄八隅 秀二郎
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 112 巻 10 号 p. 1858-1867

詳細
抄録

症例は39歳,女性.2010年に検診の腹部USで膵尾部に16 mm大の嚢胞性病変を指摘され,2013年には45 mm大に増大したため精査加療を目的に当院に紹介となった.US,CT,MRIでは,膵尾部に境界明瞭な類円形の嚢胞性病変を認め,内部に壁在結節様の構造を認めた.EUSでは嚢胞壁は全周性に肥厚し,一部にcyst in cyst様の構造を認めたため,mucinous cystic neoplasm(MCN)を疑い膵尾部切除術,脾臓摘出術を施行した.病理組織学的検索の結果,膵内副脾に発生したepidermoid cystと診断された.

著者関連情報
© 2015 (一財) 日本消化器病学会
前の記事
feedback
Top