日本消化器病学会雑誌
Online ISSN : 1349-7693
Print ISSN : 0446-6586
症例報告
3D CT enteroclysisを行った腸重積の3症例
吉川 俊之山田 友世黒上 貴史佐藤 真輔間 浩之鈴木 誠新井 一守菊山 正隆
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 112 巻 3 号 p. 508-514

詳細
抄録

当科では,小腸に粗大病変の疑われる症例に対し3D CT enteroclysisを施行している.腸重積3症例に対して本検査が施行され,2症例で先進病変が描出されたため単孔式腹腔鏡手術が施行され,それぞれ小腸脂肪腫とPeutz-Jeghers型ポリープと診断された.先進病変の認められなかった1症例については,胃癌に対する術中検索でも病変が認められず,特発性腸重積の自然解除と診断され経過観察となった.

著者関連情報
© 2015 (一財) 日本消化器病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top