日本消化器病学会雑誌
Online ISSN : 1349-7693
Print ISSN : 0446-6586
今月のテーマ:HCV感染症撲滅へのマイルストーン
残されたHCV感染症の課題
茶山 一彰
著者情報
キーワード: C型肝炎, 難治例, 耐性株
ジャーナル フリー

2016 年 113 巻 1 号 p. 25-28

詳細
抄録

C型肝炎の治療はdirect acting antivirals(DAAs)の開発により画期的に改良され,100%に近い治癒が見込めるような治療が開発されてきている.わが国においては,患者が高齢化していることもあり,自然減少と相まって急速な患者の減少が期待されている.それでは,わが国,あるいは世界でHCVは根絶されるのであろうか? 感染を根絶するには,①新規感染の防止,②治療を受けていない患者の発見と治療への誘導,③根治に至る薬物療法の実施と改善の3点が必要である.この稿ではこれらの各点の現状と課題について考察を加える.

著者関連情報
© 2016 (一財) 日本消化器病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top