日本消化器病学会雑誌
Online ISSN : 1349-7693
Print ISSN : 0446-6586
今月のテーマ:大腸癌の予防
家族性大腸腺腫症における大腸癌の予防
石川 秀樹
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 113 巻 7 号 p. 1191-1195

詳細
抄録

家族性大腸腺腫症における大腸癌発生予防の標準的治療は,外科的大腸全摘術のみである.しかし,外科的大腸全摘術は,術後の患者の生活の質を著しく低下させるため,内視鏡的にポリープを徹底的に摘除したり,薬を用いて大腸ポリープの増大を抑制する化学予防をしたりすることにより手術を避ける目的の研究が行われている.本稿では,家族性大腸腺腫症に対する大腸内視鏡による大腸ポリープ徹底的摘除と,化学予防臨床試験の研究状況を紹介した.化学予防薬や内視鏡的ポリープ切除は,近い将来,臨床応用されることが期待される.

著者関連情報
© 2016 (一財) 日本消化器病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top