日本消化器病学会雑誌
Online ISSN : 1349-7693
Print ISSN : 0446-6586
今月のテーマ(総説):肝炎ウイルス制御時代の肝疾患診療
B型肝炎ワクチン 定期接種化までの道のりと今後の課題
四柳 宏
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 115 巻 9 号 p. 777-780

詳細
抄録

B型肝炎ワクチンの定期接種化は,母子垂直感染対策だけでは水平感染のコントロールができなくなったことが主因である.定期接種化により今後日本のB型肝炎の新規発生は激減すると考えられるが,定期接種の対象とならない児や青少年に対するキャッチアップを行う必要がある.今後解決すべき問題としてエスケープ変異,ワクチン無効例への対策,ブースター接種の検討などが挙げられる.

著者関連情報
© 2018 (一財) 日本消化器病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top