日本消化器病学会雑誌
Online ISSN : 1349-7693
Print ISSN : 0446-6586
今月のテーマ(総説):消化器病と栄養
炎症性腸疾患における栄養療法と周術期栄養管理
大北 喜基川村 幹雄問山 裕二
著者情報
ジャーナル 認証あり

2024 年 121 巻 6 号 p. 464-471

詳細
抄録

クローン病(CD)に対する薬物治療には二次無効や長期投与にともなう安全性への懸念が存在している.経腸栄養療法は安全性が高く,本邦では古くから栄養療法が積極的に行われてきた.最近のメタ解析により成人の活動期CDでの寛解導入率は成分栄養剤よりステロイドで高かったものの,小児においては差がないことが示された.抗TNFα抗体製剤治療における経腸栄養剤併用療法の有用性についてメタ解析の結果が報告されている.CD exclusion dietと部分的経腸栄養療法の併用などの食事療法介入試験の報告があり,食事療法の有効性が期待されている.またCDにおける術前経腸栄養は周術期合併症を減少させる可能性が示唆されている.

著者関連情報
© 2024 (一財) 日本消化器病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top