日本消化器病学会雑誌
Online ISSN : 1349-7693
Print ISSN : 0446-6586
症例報告
新型コロナウイルスワクチン接種後に自然退縮を認めた肝細胞癌の1例
西野 隆平杉山 絃川口 和紀鵜浦 雅志
著者情報
ジャーナル 認証あり

2024 年 121 巻 6 号 p. 497-504

詳細
抄録

86歳男性.C型慢性肝炎持続ウイルス陰性化後の経過観察中,門脈臍部近傍に肝細胞癌初発.肝動脈化学塞栓療法(TACE)と放射線治療にて悪化なく経過したが新病変出現.再度TACEを実施するも多発再発.積極的治療を行わずに経過観察中,上昇していた腫瘍マーカーが低下,病変も縮小した.同時期に新型コロナウイルスへのmRNAワクチンの第3回接種を受けており,ワクチンに誘導された免疫応答の関与が示唆された.

著者関連情報
© 2024 (一財) 日本消化器病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top