消化器病学
Online ISSN : 2185-1158
自殺ヲ目的トセル急性中毒患者ノ統計的觀察
村瀬 武吉
著者情報
ジャーナル フリー

1937 年 2 巻 3 号 p. 455-465

詳細
抄録

自殺ヲ目的トセル急性中毒患者ニ就イテ, 其ノ使用セシ藥剤ノ種類・症状・服用量・收容迄ノ經過時間.轉歸・性・年齢等ヲ昭和10年及ビ11年ノ2箇年ニ當内科ニ於テ收容加療セシ35例ニ就イテ探究シ, 併セテ同ジク前記2箇年間ニ愛知縣下ニ發生セル該中毒患者822例ニ就キ, 統計的觀察ヲ行ヒ, 次ノ結果ヲ得タリ.尚本文中1種類ノ藥劑使用者ヲ單獨型中毒者トシ, 2種以上ノ藥剤使用者ヲ混合型中毒者トシテ區別シタリ.當教室ニテハ單獨型ハ29例, 混合型ハ6例ヲ數へ, 愛知縣下ニ於テハ單獨型ハ全中毒患者822例中734例, 混合型ハ85例ヲ數へ, 何レナリヤ不明ノモノ3例ヲ數フ.
1. 單獨型中最モ多數ヲ占ムルハ催眠剤中毒ニシテ, 當教室ノモノハ其ノ單獨型ノ55.2%チ占メ, 本縣下ノモノハ, 其ノ單獨型ノ42.4%ノ多數ヲ占ム.死亡率ハ當教室18.8%本縣下18.4%ナリ.猫「イラズ」中毒ハ催眠劑ニ次ギ當教室ニテハ其ノ單獨型全體ノ20.7%ヲ占メ, 本縣下ニテハ其ノ單獨型全體ノ29.3%ヲ占メ, 死亡率ハ當教室66.7%, 本縣下60.5%ノ如キ高率ヲ示ス.猫「イラズ」ニ次ギ白髪染中毒ハ本縣下ニ於テハ, 其ノ單獨型全體ノ6.0%チ占メ, 死亡率ハ25.0%ナリ.之ニ次ギ昇汞中毒ハ其ノ單獨型全體ノ4.24%ヲ占メ, 死亡率75.0%ヲ占ム.青酸加里之ニ次ギ, 其ノ單獨型全體ノ4.2%ヲ占メ, 死亡率80.6%ヲ示ス.重「クローム」酸加里ハ其ノ單獨型ノ1.6%ヲ占メ, 死亡率ハ41.7%ヲ示ス.監酸ハ其ノ單獨型全體ノ1.4%ヲ占メ, 死亡率ハ40%ヲ示ス.其ノ他ノ藥剤中毒數十種アルモ表ノミニテ示セリ.
2. 混合型中催眠劑ノミノモノ多數ニテ本縣下ニ於ケルモノハ混合型総數ノ約半數チ占メ, 死亡率ハ4.8%ヲ示ス.此ノ中「カルモチン」・「アダリン」混合服用者多數ヲ占ム.次ニ猫「イラズ」ヲ共ニスルモノ混合型全體ノ31.8%テ占メ, 死亡率ハ48.1%ナリ.此ノ中猫「イラズ」・「カルモチン」混合服用者多數ヲ占ム.
3. 男女性別ニ於テハ本縣下ニ於ケル822例中男子56.3%, 女子43.7%ナリ.
4. 本縣下ニ於テハ全中毒患者中30歳以下ノモノ75.8%ヲ占ム.
5. 本縣下ノ中毒患者ヲ季節的ニ觀察スルニ3, 4, 5月最モ多ク, 6, 7, 8月之ニ次ギ, 9, 10, 11月及ビ12, 1, 2月ハ共ニ稍ゝ少シ.
6. 地域的ニ觀察スルニ名古屋市ノ全中毒患者ハ愛知縣下全體ノ57.7%ヲ占ム.
7. 本縣下ニ於ケル統計中全單獨型中毒者ノ死亡率ハ34.7%ニシテ, 全混合型中毒者ノ死亡率ハ22.4%, 而シテ單獨型・混合型テ合シタル中毒例ノ死亡率ハ33.7%ナリ.

著者関連情報
© 財団法人 日本消化器病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top