日本消化器病学会雑誌
Online ISSN : 1349-7693
Print ISSN : 0446-6586
膵と耳下腺の連関性に関する実験的研究 第1報 急性膵炎の耳下腺に及ぼす影響について (ラツト使用実験)
組織学的所見ならびにアミラーゼ値からみて
柿崎 五郎大沼 利行能登 陞斉藤 隆之和泉 茂邦
著者情報
ジャーナル フリー

1971 年 68 巻 7 号 p. 714-720

詳細
抄録

ラットを用いて, 膵および耳下腺の組織学的検索ならびにアミラーゼ値の測定を行なつた結果, 次の成績を得た.
1. 組織学的には, 膵に高度の急性膵炎像を示した場合, 耳下腺においては atrophy 様組織変化が認められた.
2. アミラーゼ値に関しては, 対照群に比し, 膵炎群においては, 膵ではもちろん, 耳下腺においてもアミラーゼ値の低下が明らかであつた.
以上の成績から, 急性膵炎が惹起した場合に, 耳下腺には atrophy 様組織変化を来し, また耳下腺の機能も低下することが判明した.

著者関連情報
© 財団法人 日本消化器病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top