日本農芸化学会誌
Online ISSN : 1883-6844
Print ISSN : 0002-1407
バラ科植物抽出物のメチルメルカプタンに対する消臭効果
安田 英之宇井 美樹
著者情報
ジャーナル フリー

1992 年 66 巻 10 号 p. 1475-1479

詳細
抄録

優れた口腔用消臭剤の開発を目的とし,バラ科植物抽出物を対象に,試験系として口腔内を想定して,水系(緩衝液のみを使用)で消臭試験を行い,その結果,次の点が明らかになった.
(1) メチルメルカプタンに優れた消臭効果を示したバラ科の植物抽出物はブラックベリー,ラズベリー,ローズ,ワイルドストロベリーの水または50%エタノール抽出物であり,既存のSCCおよび緑茶カテキン類よりも優れた消臭効果を示した.
(2) メチルメルカプタンに対する消臭効果はpHによる影響が大きく,pHが酸性側ほど効果が低く,アルカリ性側ほど高い消臭効果を示した.
(3) ラズベリー水抽出物において脱精油した植物抽出物の消臭効果は精油を除去しないものと比較して差が認められなかった.
(4) ラズベリー水抽出物中の消臭活性成分はポリフェノール化合物であり,これは主としてエラーグタンニンであることが推定された.

著者関連情報
© 公益社団法人 日本農芸化学会
前の記事 次の記事
feedback
Top