日本食品科学工学会誌
Online ISSN : 1881-6681
Print ISSN : 1341-027X
報文
二色の蛍光を用いたFRIP法による太平洋産および大西洋産クロマグロの簡易判別
北岡 桃子岡村 暢子一瀬 博文後藤 雅宏
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 55 巻 4 号 p. 164-169

詳細
抄録

FRIP法は,DNA中の既知のSNPsを検出する技術である.1つの品種に対して1組の蛍光ドナー/アクセプタープローブを用いることで,特定の種であるか否かを判別可能であり,解析時間も短く,高精度で解析できる特徴を持つ.
本研究では,2色の蛍光プローブを用いたFRIP法により,太平洋産および大西洋産クロマグロの同時種判別技術を開発した.FITC標識した太平洋産クロマグロ識別用プローブおよびTAMRA標識した大西洋産クロマグロ識別用プローブを同一溶液中に混合した.6種のマグロサンプルからそれぞれ転写RNAを調製し,プローブとのハイブリダイゼーション反応を行ったところ,すべてのサンプルにおいて,一旦FRETによる蛍光の消光が確認された.さらに得られたDNA : RNAハイブリッド溶液にRNase Aを添加すると,ミスマッチの有無に応答して蛍光強度に変化が生じ,精度良く種を判別できた.
同様の結果は,UV光を励起光として用いた目視判別用の濃縮反応液においても確認された.FRIP法は,簡易,迅速,高精度で安価な分析法として,様々な場面で利用されるものと期待される.

著者関連情報
© 2008 日本食品科学工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top